厳しい料理人・調理師のキツく辛い毎日を乗り越える為にできる工夫や対策ポイント

料理人の厳しい現実についての記事のアイキャッチ

料理人は「つらい・きつい・しんどい」という言葉がつきまとうイメージが先行しがちですが、具体的にどのような部分がつらいのでしょうか?

一言に料理人と言ってもさまざまな立場の人がいます。

この記事でわかること
  • 飲食業界全体の厳しい現実
  • 飲食の現場のリアルなキツさ
  • 厳しい飲食業界を生き抜く為のポイント

これらの厳しい環境でさまざまな人が関わっています。

  • これから料理人を目指したいと思っている人
  • 毎日忙しく働く正社員の料理人
  • 先行きが不安な個人飲食店店オーナー
  • 日々先輩から怒られている見習い料理人
  • チェーン店で働く料理人アルバイト
  • 飲食店の店長・マネージャー

それぞれの料理人の持つ悩みにどうアプローチすれば、その辛さから解放されれるのか具体的な内容を踏まえて解説します。

厳しい飲食業界の現状を生き抜く為の解決方法や、考えるべき選択肢をみていきましょう。

あわせて読みたい
料理人フリーランスとして独立して安定的に仕事を得る為のポイント 今話題のフリーランスという働き方は誰もが一度は考える道ではないでしょうか。 でも、実際に一歩踏み出すにしても生活への不安や将来の安定を考えると、なかなか決心が...
目次

料理人・調理師の厳しい現実

長時間労働の料理人

飲食業界が厳しい世界だということは誰もが認識している事実です。

では具体的にどのように厳しいのか疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

  • ブラックな労働環境
  • 長時間低賃金
  • 過酷な肉体労働
  • パワハラ・モラハラ
  • 理不尽なクレーム対応
  • 忙し過ぎる接客
料理人なびお

他業界では一発アウトな職場の出来事でも飲食の現場では起こってしまっているところを見たことは何度もあったな…

これらの業界イメージが付きまとう背景には、一昔前の厳しい労働環境などが挙げられます。

一般的なイメージと実際の現状を照らし合わせてみていきましょう。

あわせて読みたい
料理人・調理師に必要な体力とスタミナが求められる理由 料理人・調理師は肉体労働で体力に自信がないひとしか続けられないイメージがあるのではないでしょうか。 料理人・調理師に求められる体力 求められる体力の種類 体力を...

厳しい見習い時期

見習い料理人

厳しい飲食業界で見習い料理として働くということは、人並み以上の精神力が必要です。

新卒や中途に関わらず飲食業界で働く大変さは想像以上になります。

あわせて読みたい
中卒・高卒で料理人・調理師になる方法と成功する為に準備すべきこと 中卒や高卒からすぐに料理人になるための具体的なステップについて解説します。 また料理人になるだけでなく、しっかり働き続けられるような準備の仕方を見ていきます。...

ツラく長い下積み

料理人といえばただ目の前のことを必死にこなす下積みの経験が必要というイメージがあります。

下積みのツラい経験があるから今がある、といった将来につながる貴重な期間です。

下積み時代の業務
  • 皿洗い
  • 調理場の掃除
  • まかない作り
  • 食材の仕込み・下処理
  • 料理人の下積みは無駄
  • ツラいだけの修行なんてやる意味がない
  • 時代遅れな価値観は早々に忘れるべき

下積み時代は必要か」論争がしばしば見受けられますが、目的や意思がない下積みであれば必要のないものになるでしょう。

  • 必要な修行なら経験しておくべき
  • 目的がないのであれば思考停止
  • 我慢の時期は誰にでもある

知識や技術を習得するスピードは、日々時代と共に格段に早くなっています。

料理人なびお

下積みが必要かどうかは個人が目指すところにもよるので、一概には言えないところがありますよね。

すぐに調理の場に立たせてもらえない

一昔前までは料理人・調理師の見習いはすぐに包丁を持たせてもらえないことが多かったですが、最近は簡単な仕込みや材料のカット程度であえば早い段階で切らせてもらったりできます。

人手が少なくなっている分、早めにできる仕事を増やして従業員の育成スピードを早める狙いがあります。

  • ネギのみじん切り
  • 魚の三枚おろし
  • 野菜のざく切り

たとえ料理未経験であっても家で練習して晩御飯が自炊できるレベルの包丁裁きができるのであれば、包丁を握らせてもらえるでしょう。

ホールや接客業務といった基本をしっかり真面目にこなせていることが絶対条件です。

怒られてばかりの毎日

見習いの期間は毎日が失敗の連続で怒られてばかりの日々が続くことがあります。

「何をやっているんだ」
「モタモタするなよ」
「同じミスをするなよ」

一生懸命やっているけれども上手く動けなかったり、思うように仕事が進まない時は店長から怒られてしまうでしょう。

逆に怒られない人の方が少ないので、ある程度のお叱りは耐えなければならないこととして割り切る必要も出てきます。

料理人なびお

怒られると萎縮する人もいるから難しいところですよね。
ちなみに、一度に多くのことを覚えられなかった僕は、割と怒られる方でした!(笑)

厳しい現場指導

飲食店では今でも昔ながらの昭和的な教育方針を実践しているところが少なからず存在します。

コンプランスを侵害するようなケースも報告されるほど厳しい教育体制が浮き彫りとなっています。

時には理不尽とも思える指導にも耐えて、業務をこなさざる負えない場合もあり厳しい現実があります。

  • 板長や大将からのシゴキ
  • 根性主体の教育
  • 見て習えの精神

遊ぶ時間がつくりにくい

店舗によっては早朝の営業から深夜の閉店作業まで幅広い業務をこなさなければいけません。

更に見習い期間は仕事を覚えることに加えてプライベートで時間を作り自主練習・自己学習をしなければなりません。

勤務時間が長い上に、休日返上で労働と勉強に時間を投資しなければならず自由な時間はかなり削られていきます。

  • 気がついたら一日終わっていた。
  • 忙しくてお昼休憩がない。
  • 仕込みの量が追いつかない。
  • バッシングが間に合わない。

キツい職場・労働環境

調理スペースが十分な飲食店は多くありません。

通路が狭かったり作業台が小さいことがあるので動ける広さの制限がかかった状態で上手く調理しなければいけません。

急いで調理するも思うように身体を動かせない分、提供時間が遅れてしまうこともあります。

さらに加熱調理によって室内温度が上がった調理場は体力を奪います。

夏場での火を使った料理はかなりのスタミナを消費するでしょう。

料理人が体力を使う背景には過酷な労働環境がもたらすものでもあります。

  • お店が狭くて窮屈。
  • 調理場に人が多すぎて邪魔。
  • モノと体がしょっちゅう当たる。
料理人なびお

何度も自分の後ろを通られると、ストレスが溜まる料理人あるある!

将来への漠然とした不安

料理人として生きていく中で考えられる出世ルートは3つ。

  • 出資元と提携して独立する。
  • 自分がオーナーとして独立する。
  • フランチャイズパートナーに加盟する。

将来独立する場合はこちらの3つのルートが主ですがどれも容易な道ではありません。

  • 業界全体の縮小
  • 成長への焦り
  • 課題がわからない不安

給料が安い

給料は長時間労働にも関わらず低い水準であることが珍しくありません。

料理人の見習いだと月給10万後半〜25万からのスタートとなります。

他業種の新卒採用の水準とそう大差が無いような印象かもしれませんが、料理人は店舗の片付けや雑務等の残業が多発します。

勤怠管理が整備されていない個人店などは安い給料で深夜まで労働しなくてはいけないようなケースもあります。

  • 毎年同じ給料
  • 評価ハードルが高い
  • 店自体の収益性の問題
あわせて読みたい
寿司職人の需要と将来のキャリアに繋がる重要なスキル・資格 飲食業界の中でも日本を代表する和食「寿司」。 そんな寿司職人の将来性と可能性を高めるために必要なスキルや資格について徹底解説していきます。 寿司職人の将来 寿司...
見習い料理人の給与事情
給与

料理人の給与水準は役職なしとマネジメント層の間で大きく変化します。

高給と引き換えに、調理、店舗管理、人材管理、営業活動といったお店に関わる全ての業務を行わなければいけません。

飲食未経験の場合の給与水準

異業種から未経験で飲食の業界に入った場合、料理人見習いと同じ給与水準になります。

しかし、和食から洋食といった料理ジャンルの変更による見習い再出発の場合は、全くの未経験と比較すると数万円の上乗せが期待出来ます。

  • 全くの飲食未経験は、およそ月給20〜23万。
  • ホール・調理補助ができて、およそ月給そ23〜28万。
第二新卒の想定年収

25歳ころの20代半ばである第二新卒の年齢。

この年代は次期料理長として期待され始める年齢です。

あくまで料理長候補なので大きく年収が上がることは期待できません。

月収としてはおよそ30〜40万円程の額面になりまます。

未経験転職者の苦悩

異業種のサラリーマンから料理の世界に転職する人も一定数います。

皆それぞれの憧れや希望を持って飲食の世界に飛び込んでいきます。

しかし今までの仕事内容や業界特有の常識の違いから厳しい現実に直面することになります。

過去にサラリーマンや料理未経験者が飲食業界に転職したとしても定着する人はほんの数十パーセントほどの割合しか残らないといったイメージになります。

  • 脱サラからの料理人
  • 独立・開業への挑戦
  • フランチャイズでの参入
料理人なびお

自分も含め、僕のまわりの知人・友人で飲食業を続けている人は半分もいないイメージですね…
僕は後々、WEB系に思いっきり舵を切ることになります(笑)

社会的評価が低く見られがち

一般的に飲食業は社会的評価が低く見られることが少なくありません。

飲食系求人には「学歴なし・未経験可」といった応募要件で求められる水準が高く表現が見受けられます。

新規出店の廃業率も高く、安定した産業とは言えない為にその場しのぎの人材が採用されてしまうといった背景もあります。

飲食業界で長く生き残っていくにはマネジメントができる人材、もしくは見込みのある人でなければ厳しい業界と言えます。

  • ずっとホール作業。
  • 肉体労働と混同されがち。
  • ホワイトカラーに憧れることがある。

料理長ならではのきつい業務内容

料理長は誰もが憧れる店舗の責任者。

料理長という肩書きだけ聞くと綺麗な部分のみ映し出されますが、実際の業務はとても泥臭く、メンタル面や肉体面でもかなりキツイ仕事です。

人材育成の育成

店舗営業の中心になる人材を採用・育成する業務も料理長の業務です。

飲食業は良好な人間関係の構築が極めて難しい環境にあります。

安定した店舗経営と十分な報酬が与えられなければ従業員は心身共にストレスを抱えてしまい、メンバー全体に精神的ダメージが連鎖します。

そんな状況を一緒に打破してくれる従業員の発掘と育成は、調理の実務よりも困難なものでしょう。

責任感・重圧のきつさ

常に従業員から仕事のパフォーマンスを観察されている立場上、常に部下からの能力を観察されています。

  • 従業人をしっかり教育しているか。
  • 全体のまとめられているか。
  • 常に全力で業務に徹しているか。

中には人柄がとてもよく「こんな料理長だけど助けてあげたい。」と思わせるような人間味にあふれた料理長もいることは確かです。

しかし一般的には料理長は常に威厳と存在感を発揮し、またそれを浸透させる為に常に正確な判断と仕事のパフォーマンスを発揮しなければいけません。

シフト調整がきつい

従業員の欠勤は日常茶飯事のトラブル。

特に居酒屋業態においてはアルバイト採用の人員も多く、学生中心のメンバーだとプライベートなどの兼ね合いでやむ負えなく欠勤しなければならない状況もあります。

緊急の場合は、その欠勤を埋めるべく他の補充人員を集めるのも料理人や店長の役割。

急なトラブル処理は現場のみならず人員マネジメントまで及びます。

深刻な人手不足

飲食店は肉体的にも精神的にも負荷のかかる業態であり、人材の流れが激しい業界です。

特に店舗を回すスタッフを確保することが難しく、長期定着できる人は限定されます。

業界全体の低迷で、ただでさえお店の売上を確保するのが難しくなってきている上に、従業員の満足度を満たすことのできる店舗は多くないでしょう。

料理人としてマネージャーに昇格になると、ただ美味しい料理を作れるだけでなく、従業員のやりがいや働き方についても対策をする必要があります。

調理技術とマネジメント能力の2つが求められ、時にはつらい状況に我慢が必要な業務がついて回るのです。

人気の飲食店は顧客からも従業員からも愛されているお店でなければならない。

柔軟な対応力

これからは美味しい料理を作れるだけの料理長は将来的に厳しくなることは言うまでもありません。

人々が飲食店を選別する価値観も多様化し、繁盛店を作り上げる事が非常に困難になってきている為です。

一方で自らの人材としての市場価値を向上させている料理人には明るい将来が期待できます。

それは自分で集客営業、マネジメント、店舗管理・運営といったマルチに飲食業全体を担当できる料理長・店長です。

ただ美味しい料理が作れたり、指示された業務フローをおこなっているだけのプレイヤー人材にとっては将来的に不安定な状態が続くでしょう。

その中でも店舗に関わるフロー全般を担当できる料理人はかなり希少。

飲食業を取り巻く激しい環境変化

コロナの影響で人の行動習慣に大きな変化をもたらしました。

飲食店に入って食事を楽しむという行動に制限が入り、事態が収束傾向になっても積極的に外食を楽しもうとする動きに戻りにくい状況です。

  • すぐに人の習慣は戻らない。
  • マスクをする習慣が根付いているが一例
  • 家に帰って安く晩食
料理人なびお

日本は一度根付いた習慣から元に戻るまでに時間がかかりそうなので、客足が戻るのもかなりの期間が必要になりそう。
そもそも外食の習慣が戻るのかすら不透明です。

飲食業界全体の不振

さまざまな世界情勢の変化や働き方に対する価値観の動きに不安を感じる人は多いのではないでしょうか。

  • コロナの影響
  • 外食習慣の変化
  • 新業態の開発
  • インボイス制度の導入
  • 全世界の経済状況の変化

料理人を含め、飲食店が対応する必要のある時代の流れは今後も激しくなっていくでしょう。

飲食業界の変化と共に、世界の動きの活発化しており十分に追従できるのはごく限られた飲食店のみになるでしょう。

日々流れてくる暗い飲食業のニュース

ニュース

コロナの影響で飲食業界が危機的な状態にあるニュースをよく耳にする機会が増えました。

今後も料理人にとっては不景気なトピックスが目立つでしょう。

分かっていても改めてマスメディアが取り上げて大々的に報道することで、料理人の精神的不安を助長する材料になります。

目の前の現実と向き合うことと、知るべきことはタイムリーにキャッチしていくバランスが必要になります。

料理人なびお

飲食業界の悪いニュースや報道はダイレクトに飲食店への来店機会を奪うので厳しい情勢が続きそう。

料理人・調理師のあるある悩み・ストレス

ストレス状態の料理人

業界を取り巻く厳しい環境とあわせて、料理人ならではの悩みはつきものです。

つらい業界事情

飲食業は労働集約型の構造になっており、どれだけ従業員が肉体を酷使して働くかによって売り上げが大きく左右される側面もあります。

このような構造である以上、システムやITの力で効率化はできるにせよ、基本的には肉体労働でしか利益を生み出す事ができない業界です。

更に新規参入もしやすく、競合過多なので生き残るためにつらい戦いを強いられることになるでしょう。

積み重なる精神的ストレス

料理人は常に精神的なストレスからくるつらさの中で戦わなくてはなりません。

  • 人間関係のつらさ
  • 緊迫した空間
  • 顧客クレーム対応のつらさ

従業員同士との人間関係やお客様対応といった内部と外部双方に対して、精神的ストレスがかかってくるのでメンタル的にかなりつらい業務です。

繁盛店や大衆店にもなると常に接客に追われ、息つく暇もないほど忙しく調理場やホール全体が緊迫した雰囲気に包まれます。

時には理不尽なクレーム対応にも耐えなければいけません。

居酒屋などはアルコールのせいもあり乱暴なお客様やトイレ掃除などの雑務をこなす場面も多いです。

時給に換算して仕事内容を考えると「割りに合っていない。」と思ってしまうつらさもあります。

キツい肉体労働

常に動き回る仕事で肉体につらい負荷がかかります。

若いうちは体力で乗り越えられる場面がありますが、年齢と共に体がしんどくなって動かなくなってくるのが現実です。

身体が資本の職業なので怪我や病気の場合は出勤できず、ダイレクトに給与に反映されてしまう厳しさもあります。

休憩時間が少ない

飲食店はゆっくり休憩が取れないほど忙しい場面が多くあります。

なかには規定の休憩時間が守られていないお店も散見されます。

本来与えられるはずの休憩時間を労働に費やすことで、拘束時間が長くなっているという事実を認識せずに過ごしている料理人も少なくありません。

休憩時間が少ないということは、拘束時間が長い、サービス残業が多いといった問題と並列で考えるべき課題です。

料理人なびお

まかない作りや掃除をしていると、気が付いたらお昼休み過ぎてることなんて全然ありました!

シフトが柔軟に組めない

飲食店は金・土・日曜日が忙しくなるので週末に休みを取ることが難しくなります。

友人と予定を合わせて遊びに行ったり、時間を合わせることが簡単ではありません。

また恋人とスケジュールを合わせてデートに行くこともスムーズにはいかないことが多いです。

先行きが見通せない事による不安

日々のつらい肉体労働や同じ作業の繰り返しで疲弊することで将来のことを考える余裕がなくなってきます。

  • このままで自分はいいのだろうか
  • いつか状況は好転するだろうか
  • いつまで頑張り続ければいいのだろうか

「このままではいけない。」と思うけど目の前の苦しさに耐えるだけで精一杯の場合、状況が変わらないことのつらさや苦しさを更に助長させる要因になってしまいます。

サービス残業が当たり前

飲食業は定時ぴったりで終われることはかなり少ないと考えておいて良いでしょう。

  • お客さんの変えるタイミング
  • 後片付けが終わるタイミング
  • 仕込みが終わるタイミング
  • 付帯業務が終わるタイミング

正確なお店の閉店タイミングがわからないのでサービス残業が発生してしまう可能性が高いです。

勤怠システムを正確に運用している大手企業の飲食店であれば、サービス残業を発生させない工夫をしているところも多いです。

昔ながらの厳しい人間関係

料理人として働く上での一番の悩みの種といってもいい人間関係。

特に、店長やマネージャーとの関係は非常に重要であり、問題が生じると仕事に悪影響を及ぼす可能性があります。

店長・マネージャーとの関係

店長・マネージャーとの関係において、一番大切なことはコミュニケーションです。

お互いの意見や考えをしっかりと共有し、相手の立場に立って物事を考えることは簡単であません。

仕事に関することだけでなく、プライベートの話題なども話すことで相手との信頼関係を築くことができます。

一方で、どこまでプライベートに踏み込んでいいかも感じ取りながら、お互いの距離感を確かめる必要もあるので難しいところです

部下・従業員との関係

一方、部下や従業員との関係においては、指導力やリーダーシップが求められます。

部下や従業員がミスをした場合には、叱責することも必要ですが、その際には原因を一緒に考え、改善策を提案することが大切です。

また、お互いにフィードバックを行い、改善していく姿勢が求められます。

STEP
感情を抑える

我慢しすぎるとストレスになる。

STEP
原因や要因を一緒に考える

お互いに課題を共有する。

STEP
改善策を打ち出す

一緒にPDCAを回す。

人間関係は、料理人としての仕事において非常に重要な要素です。

コミュニケーションを大切にし、お互いに協力し合いながら仕事を進めることが、円滑な人間関係を築くための大切なポイントとなります。

昔ながらの厳しい上下関係が垣間見える瞬間もありますが、昔のように絶対服従的なやり方は通らないような環境になりつつあります。

未だ蔓延るパワハラ・モラハラ

飲食店の現場では今だに古い習わしや厳格な縦社会が蔓延っているところがあります。

  • 人格を否定するような表現
  • 激しい恫喝
  • 一般常識的に言ってはいけない言葉
  • 差別的な表現
  • 性差別的な発言

閑散とした店内の光景

個人で独立して飲食店を経営する料理人が苦しむ集客。

  • 開店当初はお客さんが入っていた
  • 徐々に客足が遠のいた
  • コロナの影響で顧客が離れてしまった

毎日お店を開けるにしても人件費や材料費がかさんで店舗を維持するだけでも大変なお店がたくさんあります。

集客できない焦りはあるものの、課題が明確になっていなかったり、行動に移せない状態はかなりのストレスや悩みの種になります。

料理以外のスキルの成長が見込めない

生業が料理しかなく先行きが不安という悩みを料理人が増えています。

今後さまざまな自動化技術やAI化が進む中で、ただ料理ができる人は淘汰される可能性が高いです。

料理以外の武器を見つける必要があるが何をしたらいいか分からないといった悩みは今後も増えてくるでしょう。

同じ業務の繰り返しになってしまっている

料理人はある程度のオペレーションに慣れると、日々の業務が毎日の繰り返しのように感じてきます。

明確な目標や将来の夢がなければ、毎日の単純作業をどれだけ早く終わらせるかというポイントだけに心が動くようになってきます。

現状に満足できない苛立ち

  • 練習してもなかなか調理技術が上達しない
  • お店を上手く回せていない
  • 理想の自分と現実のギャップ

20代前半では目の前の業務に精一杯で、見習いからマネージャーと昇格してく人がいます。

一方で昇格できない人や、昇格できた人でも上手くお店を回せていない人もいるでしょう。

30代〜40代になっても自分の理想とする年収レンジに入っていないなど、「こんなはずではなかった。」と思う人も中にはいるかもしれません。

料理人をなんとなくやっている人もいるでしょう。

  • 先輩に誘われてなんとなく料理人になった
  • 勉強が嫌いなので調理師学校に入った
  • 体を動かせる仕事につきたかった

人によって動機はさまざまですが本当に好きな仕事に就けていると言えるには、運や適正など多くの要素が絡んできます。

本当にやりたい職業が料理人だと心から言える人は、業界の離職率を見てもそう多くないでしょう。

生活のためだけに料理人をやることは今後は難しくなることが予想できます。

恋人と日程が合わない

付き合っていても恋人と日程を合わせてデートすることが難しい場面が多いです。

特に彼女や彼氏が平日勤務で土日休みの場合、料理人や調理師は土日出勤することが多いので、定期的に会うことすら難しくなります。

お互いの就業時間後に会うとなっても、料理人は遅くまで働くことが多いのでスケジュール調整が効かないといったことは日常茶飯事です。

人気店の料理人・調理師が抱える悩み

たとえ人気店で働けているからといって、料理人の悩みが少なくなることはないでしょう。

人気店の料理人には、人気店なりの悩み事があります。

人材が集まらない

コロナ前に飲食業に従事していた人材は、シフトが不安定な業務から少しでも安定的に仕事に入れる業界に流れてしまいました。

一度他の業界に転向した人材を飲食の世界で働いてもらうのは現実的に難しいです。

業界全体が人材不足の中で、さらに飲食業で人材を確保するのは今まで以上に頭を悩ますことになるでしょう。

時代の変化への対応

飲食店はただ美味しい料理を作るだけでなく楽しめる、空間であったりワクワクする体験を求めています。

日々移り変わる顧客のニーズを把握し現場に落とし込むスピード感は増すばかり。

たとえ人気店であっても数年先はどうなっているのか誰も予想ができない現状です。

今は流行っていても将来どうなるか安心できないというのが経営サイドの悩みの一つになります。

料理人はお店を流行らすための仕掛けや企画もおこなわないといけないので、料理以外の仕事の負担もきついものがあります。

面倒な常連客

人気店の条件としてリピート率が重要な指標になります。

特に個人の飲食店では居心地の良さや隠れ家的な利用ニーズで固定客を抱えているお店も多いのではないでしょうか。

リピーターに引き続き来店してもらうために特別感を演出しているお店もあります。

中には特別対応に味をしめて過剰な接客サービスを求める人も出てきます。

つらくても料理人・調理師を続けられる理由

つらそうな料理人

料理人はただつらいだけだは続けられない仕事です。

大変な職業の割りには儲かるような仕事とは言えず、俗にいう「割りに合わない」という印象が強調される業種です。

しかし、本当につらいことばかりなのでしょうか?

本当につらいばかりの仕事であれば、料理人になりたい人や自分のお店を持ちたいと思う人は少ないはずです。

実際に料理人・調理師として働くに当たって、やりがいや楽しみが感じられる瞬間はあります。

顧客と直接触れ合える

自分が心を込めて調理した料理が目の前の人に振る舞われ、実際の反応をダイレクトに感じられる場面がやりがいが感じられる瞬間でもあります。

改善されつつある労働環境

きついと噂される飲食業界は人手不足が深刻化しています。

働き手がいない店舗では集客やブランディングが順調でもスタッフ不足が原因で収益悪化を招き、最終的には店舗閉鎖となるケースもあります。

そんな悪いイメージを払拭するために、店舗側も労働環境の改善に取り組む風潮が高まってきています。

  • 週休二日制の導入
  • 評価基準の明確化
  • 昇給システムの整備
  • 教育制度の充実
  • コンプライアンス意識の高まり

価値観や考え方の違いから昔ながらの飲食店の経営方針では人が定着しずらくなっています。

今後も時代にフィットした価値観で労働環境の整備が進むと、人が長く飲食業を続ける理由にもなっていくでしょう。

お店から仕事ぶりを評価される

飲食業では個人ひとりの能力が現場の満足度に直結します。

効率的に動けて周囲から必要とされることでやり甲斐を感じることが出来ます。

周囲から必要とされることで、給料に見合った労働力を還元出来ているという点で自身に繋がります。

苦しい状況を耐える為のポイント

料理人が飲食業界で年収を上げるには現場経験を積み上げ長い目でキャリアを考えていく必要があります。

更に飲食業界は好きでなければ続けられない職業なので、生き残る為のモチベーション管理が大切です。

調理技術の向上も必要ですが、それなりの年収レベルになるには飲食業界で働き続けることが最も重要です。

将来の目標を明確化する

料理人が目標設定をする上で大切なポイントは次の通りです。

  • 何歳までに昇進・独立したいか。
  • 目標から逆算し、正しい努力ができているか。
  • 目標から逆算し、正しい職歴を詰めているのか。
  • どのポジションに就きたいか。
  • どれくらいの給与レンジに上り詰めたいか。
  • どの料理ジャンルを極めていくのか。

料理人として企業に所属して管理職につくのか。それとも独立して自分でお店を持つ独立するのか。

自分の実現させたいことをベースに逆算思考でキャリアを積んでいく必要があります。

休日も調理技術を向上させる

どのような将来を設計をするにせよ、料理人の見習いである以上、高度な調理技術の習得は必須です。

美しい調理は当然のこと、いかにスピードを上げて綺麗な出来栄えに調理できるかが評価基準です。

余程の才能がなければ、休日にしっかり休んで必要な技術を身につけることは困難です。

料理人見習いの勤務中は基本的に雑務が中心になります。

重要な食材の調理は技術力のある調理師が担当することになります。

業務外で技術の向上を図ろうとすれば、必然的に業務時間外にどれだけ食材に触れて調理技術を向上させるかが将来の年収給与に影響を与えるでしょう。

店舗の管理職になるには、全体を見渡す能力、人を動かす判断力も大切です。

しかし、それ以前に、誰よりも調理技術に長けていて周囲からの信頼を得なければ管理職になれないという点でも技術力の向上が最優先になります。

実績を作る

キャリアアップに不可欠なのは実績。

より条件の良い就職先にステップアップするには現職で成し遂げたことをアピールできるかがポイントになります。

実績となりえる仕事内容
  • 管理職・リーダー職の経験
  • 売上・数値管理
  • 担当の調理ポジション
  • 店舗の広告媒体管理
  • 接客業務

将来の目標を設定し、必要とされるアピールポイントを逆算的に洗い出します。

今後も飲食業界で活躍したいのであれば、店舗で担当した業務内容でどのような形でお店に貢献できたのかを言語化できる実績を作ります。

特に数値ベースでアピールできるものがあれば採用側に喜ばれるでしょう。

もし異業種転職も視野に入れているのであれば、お店のシステムや広告媒体の管理、接客業務の中で実績と呼べるものをつくていきます。

管理職を目指す

料理人一本で年収を上げる場合は、管理職になることは避けられません。

どれだけ調理技術が誰よりもできて、部下からの信頼が厚くても管理職でなければ給与面で大きなステップアップは望めないでしょう。

副業をする

副業で本業以外の副収入を得ることが最も簡単な年収を上げる近道でしょう。

料理人見習いで本業の給与を1万円でも上げることは至難の技です。一方、副業の種類によっては、正しい方法を努力を積み重ねることが出来れば誰でも月1万円の副収入を得ることは可能です。

ストレス状態でやってはいけないこと

ストレスが溜まっている時は人間は誤った判断をしがちです。

大きな問題に発展しないように事前に意識しておくことが重要になります。

楽して稼げる系に手を出す

本業である飲食以外の収入を確保するために、安易に楽して稼ごうとすると落とし穴が待っています。

  • スマホ一台で稼げる
  • リスクゼロ投資
  • 放っておくだけで稼げる

何の苦労もなく稼げる手段があれば人には教えないので、簡単な詐欺広告に騙されない冷静さが必要です。

勢いで行動してしまう

苦しい時期に「早くこの状況から逃れたい。」と思うことで、大事な決断を早まってしまうことがあります。

早まった判断によって間違った方向へ行ってしまい、さらに窮地に追いやられてしまうでしょう。

  • 心が穏やかな朝に決断する。
  • 他の人の意見も参考にする。
  • 迷いのある時は意思決定しない。

酒やタバコに逃げてしまう

嗜好品に逃げて生活習慣が乱れると、健康を害して精神的にも乱れた状態になります。

結果的にストレスが溜まって苦しい状況を打開するのが難しくなります。

まずは料理人として健康になるために口にするものから見直していきましょう。

思考停止で働き続けてしまう

ただ目の前の仕事を将来的な目的もなしに続けるのはやめましょう。

  • 同じルーティン業務が楽に感じる。
  • いつか修行や苦労が報われると信じ続ける。
  • 今の働き方を疑問視しない。

つらさから抜け出すポイント

料理人に限らず、一つの業種のスキルのみに頼ることで自分の可能性を狭めることになり兼ねません。

料理以外のスキルを身につけることで、飲食店経営にも生きてくる知識やスキルを身につけて労働集約型のつらさから抜け出すことが出来ます。

料理以外のスキルを身につける

美味しいお店が繁盛店になるという通説が今での色濃い飲食業界。

実は繁盛店は必ずしも美味しいお店が流行るとは限りません。

料理調理の以外の資格やスキルを身につけることで飲食業にいい影響を与えることもあるはずです。

特にIT関連や動画制作のスキルを学ぶことで、広告の仕組みやネット検索の仕組みを理解出来るので自分で広告活動を行うことも出来ます。

本業以外の分野も積極的に学ぶことで、生活がより充実し将来につながるでしょう。

未経験で異業種に転職する

未経験で一時的に他の業種を経験するのも選択肢の一つです。

もし明確にやりたいことが見つかっていない場合は、WEB広告・マーケティング系の業種はおすすめ出来ます。

飲食業界や他の業界でもWEBでの集客・販促活動は必須です。

今後自分のお店やビジネスを立ち上げる際に必ず必要と言えるスキルです。

第二新卒や30代前半までであれば、未経験で転職できるWEB広告の企業は数多くあります。

今後の自分の可能性を広げるためにWEB・IT系の未経験転職はできるだけ若い頃から経験しておくべき業種となります。

福利厚生が整った環境に転職する

人間はつらい心理状態に追い込まれると正しい判断ができない心理状態に追い込まれます。

長期間による飲食の深夜労働で心理状態が不安定では、正しい判断が出来ません。

まずは健康な状態になり正しい判断をする為の環境作りから始めることも選択肢に入れましょう。

あわせて読みたい
飲食業界のよくある退職理由とスムーズに辞める為の説明の仕方 飲食業界では人材の流動性が激しく時には退職時にトラブルが発生することも珍しくありません。 飲食店でのよく聞かれる退職理由から揉めないようにするための注意点など...
目次